役立つ印刷用語集 その3

こんにちは。新潟出身の印刷暗黒卿こと井比です。
今回は印刷の加工についてお話しします(前編)。

加工とは、印刷機で印刷した用紙を使用する用途によって断裁、折、製本することを指します。
印刷マンによっては「製本」、「加工」、「後加工」、「ポストプレス」なんて呼んだりしますが、
全部同じ意味です。
印刷でよく聞く用語を列挙しますので、これを覚えておけば印刷ツウに!
・化粧・・・化粧断裁のこと。主にA4、B4など正寸サイズにキレイに断裁すること
・中綴じ・・・紙を二つ折りした印刷物を何枚も重ねて中央でホチキス止めした冊子
主な中綴じ冊子・・・ヤングジャンプ、ヤングマガジンなど
・無線綴じ・・・表紙でくるんと巻く製本のこと。くるみ製本ともいう。
主な無線綴じ冊子・・・週刊少年ジャンプ、マガジン、サンデーなど
・二つ折り・・・二つに折ったパンフレットなど
・三つ折り・・・三つに折ったパンフレットなど。巻き三つ折とも呼ぶ
・四つ折り・・・以下略
・蛇腹・・・山折り谷折りを繰り返した折り方。地図などの案内図によく使用する
・2穴開け・・・パンチで穴をあけた印刷物
・天のり・・・メモ帳などでよく見る製本方法。その名の通り印刷物の上部(天)に糊をひいて一枚一枚紙をちぎれるようにしたもの

長すぎるので後編に続く!!!