成果物紹介「リーフレット」

こんばんは、新人の横倉です。
今回は「リーフレット」のご紹介です。

リーフレットとは宣伝・広告・案内・説明などのために、1枚の紙に刷られた印刷物です。
1枚のみで構成された用紙を、2つ折りや3つ折りにして使用します。
テーマパークの案内や簡易的な製品、サービスパンフレットなどで見かけることのある人は多いでしょう。

リーフレットの語源は1枚の葉っぱ(リーフ)の意味もあるそうです。
一枚の紙を象徴するものとして、リーフ(葉)が語源になりました。

リーフレットで一般的なものは、A4サイズの三つ折りリーフレットです。
スペースは限られてしまいますが表裏3面それぞれに違った情報を載せられるので、
見た目のコンパクトさに反して多くの情報を掲載する事が可能です。
サイズ的に手に取りやすいサイズなので、パンフレットの縮小版のようなもの・
気軽に手渡しできる物などをお探しの方は、このリーフレットという広告物が最適です。
また、A4の三つ折りサイズだとDMとしても長3封筒に入るサイズですので、扱いやすいです。

紙質
主に案内やお知らせなどの用途ではやや厚めのマット紙やコート紙を使用します。

折りの種類
2つ折りのほか、一面が内側に折り込まれる形の巻3つ折り(内3つ折り)や
ローマ字のZの形のように折り込んだZ折り(外3つ折り)
両端を内側に折り込み両開きさせる観音折りなどがあります。

二つ折りリーフは中央から二つに折るタイプなので、
本などの表紙に似た要素があり、一面の用紙スペースが
大きく活用できるため、メインとなる商品を
大きく見せられる利点があります。

三つ折りリーフは両側を中心に向けて、片側を内側に入れるタイプが定番です。
こちらは巻き三つ折りと呼ばれ、できるだけたくさんの商品を載せたい場合は有効になります。

企業の会社案内や建物の施設案内など多くの情報を幅広く伝えたい場合は有効です。
また長3封筒に入るサイズなので郵送する事もできます。

今回はリーフレットについて書いていきました。

これはできる?といったお話でも、お気軽にお問い合わせください!